保育士求人を選ぶ時に押さえておきたい3つのポイント

将来は保育士になりたいという夢を持っている人が多いですが、3年以内で離職してしまう人が多いので保育士求人は毎週のように手続けています。実際に保育士の資格を取得したら保育士求人に応募しますが、早期離職率が高いので慎重に選ぶ必要があります。そこで保育士求人をどのように選んでいけばいいのかポイントになる点をしっかり押さえていきましょう。

・公立の保育園の方が働きやすい

保育園には公立と私立がありますが、私立は費用がかかるので金銭面で余裕がある家庭の子供が入園しています。それにより子供の親も些細な事でクレームを入れてくる事もありストレスを溜めてしまう事も少なくありません。また私立の保育園は行事が多いので準備に追われてしまう事もよくあります。それにより休む時間も削られてしまうので体力的にも大変です。しかし公立の保育園は些細な事でクレームを入れてくる親も少ないですし行事も少ないので準備に追われる事もあまりありません。休み時間も比較的多く取れるので公立の保育園求人を選んだ方が働きやすいです。

・平均勤続年数が長い保育士求人の方が働きやすい

保育士の仕事を離職してしまう理由は体力的な部分もありますが、人間関係が一番の理由になっています。保育士求人では職場の雰囲気を確認する事が出来ませんが、平均勤続年数である程度推測する事が出来ます。平均勤続年数が短いと早期離職者が多いという事なので人間関係が悪くて働きにくい職場と考える事が出来ます。保育士求人を選ぶ時は平均勤続年数が長い点も重視していくと働きやすい職場を見つける事が出来ます。

・労働時間がしっかり記載されている保育士求人の方が働きやすい

保育士の仕事をしていると残業が発生する事が多いので覚悟しなければいけません。しかし保育園によって残業時間が異なるので保育士求人を選ぶ時は重要なポイントになってきます。残業を含めた労働時間がしっかり記載されている保育士求人は本当の労働時間になっている事が多いです。しかし労働時間が曖昧に記載されている保育士求人は長時間の残業が発生している可能性が高いです。このような保育園は求人に労働時間をしっかり記載していると応募者が出てこないので曖昧に記載している事が多いです。保育士求人を選ぶ時は労働時間がしっかり記載されている点を重視していくと働きやすい職場を見つける事が出来ます。

保育士求人を選ぶ時はこのような点をポイントとして抑えていくと自分に適した職場で働く事が出来ます。